ヨガのポーズの練習「アーサナ」とは…アーサナを行う本当の意味

ヨガというと様々なポーズの種類があります。

ポーズの練習をサンスクリット語で「アーサナ」と言います。

一般的に知られている”ヨガ”とは、ポーズのイメージですが、実はポーズの練習「アーサナ」は”ヨガ”のほんの一部なんです。

??????と思われた方。

いいんです。そうなんです。あってますよ。

meisou

元々、「アーサナ」の意味は”座位”でした。

「アーサナ」を行う意味は、「瞑想」に向かうための準備なのです。

何時間でも静かに座っていられる心と身体を作るために、アーサナの練習があったのです。

骨格や関節、筋肉のバランスが整っていなければ、すぐに身体の痛みで集中力が途絶えます。

注意力散漫なマインドでは、瞑想どころではありません。

アーサナの練習で呼吸や感覚を整えていった先に「瞑想」があるのです。

「瞑想」まで行くと、最終的には「悟り」「調和」があります。

???????ですよね。

そうです。いいんです。あってますよ。

私たちは悟りをひらくためにヨガをしているのではありません。

毎日をHappyに生きるためにヨガをしているのです。

ヨガとは「アーサナ」の練習をとおして、心と身体のバランス・一体感だったり、肉体と精神の浄化を行うことで、

人間関係やストレスに対して純粋な自分でいられるために、毎日、満たされ感謝して生きることが出来ます。

本当の意味でヨガの練習を続ければ、いつでも穏やかな自分がそこにいます。

あなたのヨガの練習が、心静かなものでありますように…